フォトアルバム

2010年5月春スキー旅行

  • りんごのピザ
    2010年4月30日の夜から八方尾根へ春スキー旅行に行きました。 いざ、ビシバシと写真を撮りまくろうと思っていたらなんとSDカードがいっぱい!仕方が無いので重複するような写真などを削除しながら空き容量を作って撮影しました。本当はもっといっぱい撮りたかったけど…。

2013年_大雪渓〜白馬岳

  • 雷鳥
     今年の夏は初めての本格的登山。白馬の猿倉から大雪渓を登り、白馬山荘で一泊。そして白馬岳登頂から白馬大池、栂池自然園へと下るルート。  何と言っても初めてな事が多く、登山ポールを使うのも山小屋に泊まるのも、当然登山届けを提出することから初めて!!それでもとっても楽しんで登山できました!  そんな中、所々で撮った写真をここにまとめておく事にしました。

おいしいおやつ

  • 瀬戸内れもんイカ天
    今まで食べたオススメのおやつを紹介します。 これからももっといろんなものを食べて写真を追加していきますね~!
Powered by Six Apart

天気情報

  • 雨雲の動きをチェックしてみよう!

にほんブログ村

  • にほんブログ村 テニスブログ 男性テニスプレーヤーへ
  • にほんブログ村 病気ブログ もやもや病へ
  • にほんブログ村 グルメブログ おやつへ

アクセスランキング

2017年3月20日 (月)

ブログお引越し!

 2010年から始めたこのブログ…、eoblogサービス終了に伴って『お引越し』することにしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング

 せっかく今まで書いた記事が見れなくなってしまうのは残念ですもんね。




 ブログをやり始めた頃のものを見てみると、なんと簡素な…というか、短いブログ…というか、そういうのを見ていると最近書いたものは「長く」なったなぁと感じ、それがいいのか悪いのかはともかく、書き方一つにしても、読み手を考えて少しずつ成長していたことがわかりました。





 と、いうことでまずはブログの引越し。



 以下のところへ引越し済みですので、これからはこちらでご覧ください。





 ある夫婦による日常を綴ってみる…♪






 引越しはSeesaaブログにしてみました。いろいろ候補はあったけど、引越しサポートが充実してるって書いてあったのが決め手です。実際、簡単に引越しできました!




 なお、今後このブログの続きをやるのか、また別タイトルで始めるか、はたまたブログはやめてしまうのか…、今は未定です。でもいろんなことを見たり、やったり、行ったりの記録は残しておきたいのでなんらかのカタチで残すやろなぁ。







 とりあえず、eoblogではこれで終了。



 ありがとうございました。




 tennis

2016年9月18日 (日)

今年のお盆休みは槍ヶ岳! 最終 千丈乗越〜槍ヶ岳〜下山まで。

 お盆休みから約1ヶ月…、1ヶ月越しのブログ完全更新。

 前回は西鎌尾根の「千丈乗越」までの記録を書きました。今日はその続きを。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

 ↑ ポチッと応援お願いいたします。頑張ります!

 8月12日(2日目):

 鏡平山荘(7時過ぎ) → 弓折岳分岐(8:00頃) → 双六小屋(9:30頃) → 樅沢岳 → 西鎌尾根 → (千丈乗越) → 槍ヶ岳山荘 → 槍ヶ岳 → 槍ヶ岳山荘(泊)

 8月13日(3日目):

 槍ヶ岳山荘(7時すぎ) → 槍平小屋(10:00頃) → 穂高平小屋 → 新穂高温泉 → ホテル五龍館(19:00)




 千丈乗越から約1時間半後、この日泊まる「槍ヶ岳山荘」に到着します。この時、見知らぬ人からは…、「千丈乗越まで来たから槍ヶ岳山荘までもう一息ですよ!」なんて甘い言葉をいただきましたが、なんのなんの。私の印象ではここからがものすごくしんどかった感じがしました。


 ガスが晴れず、目標とするヤリ様も当然見えない中、山道を登る…。景色が単調になってしまうと気持ちも折れそうになります。この時は、「あぁ、なんとかガス晴れてくれ〜!」なんて思いながら約1時間半歩いていました。




 ところが…、ヤリ様に近づくにつれてだんだんとガスの晴れ間が出てくるではありませんか!!こうなると気持ちが舞い踊ります!!「もうすぐ!もうすぐ!!早く登りたい!!!」なんて気分が高まる中、一歩一歩踏みしめて登ります。




 ついに!見えました。ヤリ様!!ヤリの穂先に何人もの人がアタックしているのが見えますね!!

 話によると、この日これでもヤリの穂先への渋滞は解消されている方で、少し前までは山荘から穂先までアタックの渋滞がすごかったんだそうです。




 私たち、でたふうふtennispenguinは到着早々槍ヶ岳山荘にチェックイン。大荷物を置いて、ヘルメット装着し、ガスの晴れ間の出ているこの間にヤリの穂先へアタックすることにしました。

Img_0288

Img_0291

Img_0292




 さあ、いざ、ヤリの穂先へアタック!!

 この時16時40分くらい。ガスの晴れ間もあります。チャンス!!

Img_0293

Img_0294




 この写真、一見順調に登りつつあるように見えますが、この後梯子場の手前でしばらくストップたったんです。糞詰まり状態!みんな山頂へ登ってからなかなか下りないんでしょうね…。仕方がない。

 ところで、ヘルメットを装着していない人がいたんですが、いいのかな??なんて思いましたが…。ここからは穂先まで連続梯子ですし、万が一を考えてここではヘルは必要だと思うんですが…。 

Img_0296

Img_0298




 ついに到着!ヤリの穂先!!!

 もうすぐ夕暮れの太陽が雲海の上で輝いています!!

Img_0301



 雲海上にはヤリの穂先の影が映っています。

Img_0309


 記念撮影!当然ブログ上では顔はぼかし!!

Img_0311_1


 山頂(穂先)はとても狭く、しかしながら人でごった返していました。こりゃ渋滞するのもよくわかります。

 今回、登り始めから天気に恵まれて、「雨男」の汚名返上!!とばかりに晴れ渡り、さあもうすぐってところでガス…。今回ヤリ様は「呼んでくれていない。」のかなぁと思わせていながら土壇場でガスは晴れ、最高のヤリ様日和。雲海。

 見事にヤリ様は私たちを「迎え入れて」くれました!!うれしい!!




 今回、やっと「ヤリ様」を登ることができるレベルになったってことかな。


 さて、下の写真は下る途中で槍ヶ岳山荘を撮ったものです。

Img_0314



 穂先の麓に降りた時にはすっかり夕暮れ時(18時過ぎていました)です。晩御飯に間に合うように下りることができてよかった。

Img_0315

 このあと夕食を食べ、早々と就寝。山は早寝早起き。




 そして翌朝、ご来光を見に、外へ出ました。

 それにしても、まだ暗いうちからヤリの穂先へアタックしている人がいました。ヘッドライトが穂先へ向かっていました。おそらくご来光を見るためなんでしょうね。中には間に合わなかった人もいるようですが、渋滞に巻き込まれたのでしょうね。

Img_0334

Img_0335

Img_0336


 あぁ、もう終わり。下山の日。

 この天上の別世界からお別れの日です。名残惜しいと言うかなんというか。



 この時、天気は見事な晴れっぷり。しかしながら午後からは湿った空気の影響で天気が悪くなるような予報になっていたと思います。





 

Img_0337



 下山途中、槍平小屋へ向かうルートは写真のようなカール状。ガレ場というかザレ場というか、下るにはちょっと歩きづらい感じ。

Img_0338

Img_0339


 こちらは槍平小屋のキャンプサイト。

 ここは水が豊富に使えるようです。水の蛇口がオープン状態でした。なかなか良さげですね。


 私たちはこちらで小休止。

Img_0341

Img_0342





 さて、すっかり遅くなって(と言っても夕方前。)新穂高温泉に到着し、愛車リーフは充電へ。新穂高温泉から次の宿、「ホテル五龍館」まで相当かかる様子。ということで、「平湯温泉」の急速充電器を利用することにしました。


 ところが…!そこの充電器が調子悪く、エラー表示。充電器管理者に電話するも、的を射ないというか、微妙な対応。なんとか解決できましたが充電設備の温度が高すぎるみたいでした。そりゃ夏の暑い時に充電設備が「物置のような小屋に」隠れていたらその中は暑いに決まってる。温度が落ち着いたら使用できるようになりましたが、なんとかしてほしいものです。

 おかげで充電先着の方がうまく充電できず、こちらも五龍館の夕食に間に合わせないといけない…。気持ちが焦る中、なんとか頼み込んで先に充電させていただきました。



 本当にありがとうございました。おかげでギリギリ夕食の時間に間に合いました!!



 こちらの充電を譲っていただいた方、ご夫婦で旅行中でしたが、特に行き先を決めずに気ままに移動しているようで、ここ、平湯温泉では宿に空きがなかったんだそうです。充電完了後私たちは足早にここ平湯を立ち去りましたが、こちらのご夫婦は大丈夫でしたでしょうか??無事充電できて次の宿も決まったのでしょうか?もしこのブログをご覧になられてたらコメントいただければと思います!





 fuji



 今回、ヤリ様に「呼ばれて」本当に楽しかった〜。

 来年は剱岳こと、「劔先輩」に呼ばれるよう、山のトレーニングに励むとしよう!!




 tennis

2016年8月28日 (日)

今年のお盆休みは槍ヶ岳! その2 鏡平山荘〜千丈乗越まで。

 先週、今年のお盆休みの槍ヶ岳登山を途中まで振り返って書いていましたが、今日はその続きから。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

↑ ポチッとお願いいたします。頑張ります!
 


 8月12日(2日目):

 鏡平山荘(7時過ぎ) → 弓折岳分岐(8:00頃) → 双六小屋(9:30頃) → 樅沢岳 → 西鎌尾根 → 槍ヶ岳山荘 → 槍ヶ岳 → 槍ヶ岳山荘(泊)




 山の朝ってとっても早いですよね…。おまけに爽やかに晴れていて全く問題なし。

 早速写真から。


 この写真で朝5時20分ごろ。まさに日の出前。これから目指すヤリ様はまだ遥か先にありますね。はりきっていきましょう!!

Img_0227



 完璧なまでの青い空、白い雲。

Img_0232

Img_0233



 さて、弓折岳分岐(乗越)です。

 相変わらず、賑わっていますね。みんなヤリ様に行くのでしょうか?それとも双六岳?鷲羽岳?方面でしょうか。

Img_0234

Img_0235



 鏡平山荘から弓折岳分岐まで、少ししんどかったかな。

Img_0240

Img_0241

Img_0242


 本当にこの時は晴天に恵まれてあまりにも気持ちよすぎ。ここ数年、お盆休みのアルプスは天気に泣かされてきたので、いやが上にもヤリ様登山にテンションが上がります!!


 しばらくこんな快適な山道をゆったりと…。


 あ、みんなが歩いているその先には双六小屋が見えてきました!

Img_0245


 双六小屋を望遠で撮ってみました。カラフルなテントが目を引きます!!

Img_0247


 双六小屋に到着!!こちらでチョットと言うか、結構長い休憩。カルピスをいただきました。そのカルピス、なんとジョッキ入り。(^◇^)。写真に撮っておいたらよかった。

Img_0251


 その双六小屋を出発。するとヘリコプターが…。ああ、物資を運ぶんですね。今はヘリコプターがあるからいいけれど、ボッカさんて大変なんだろうなぁ。感謝です。

Img_0252

Img_0254

Img_0255

Img_0256


 樅沢岳にて。

Img_0258

Img_0260


 たまに高山植物も写真を。

Img_0265

Img_0269

Img_0270

Img_0271

Img_0272

 明らかに下界とは違う花たち。

 そういえば、下の写真の左側、山肌が赤いですね。硫黄乗越から槍ヶ岳を見て左側には赤岳から硫黄岳のラインがありますが、それなのかな。この赤い地肌が印象的。

Img_0274

Img_0275

 ん??チョットガスっぽい。

Img_0277

 いや、本格的にガス…。

 ええっ!?ここへきて天気崩れる??嫌だー!嫌すぎる!!。ヤリ様〜!お顔を見せてください!!

Img_0279

Img_0280



 あ、この大の字の花見たことある!!「ミヤマダイモンジソウ」かな。

Img_0282


 しばらくすると、なんと雷鳥の親子!!天気が悪くなってくると現れるんですね。登山者なんてなんのその。日本の登山者は雷鳥を追いかけたり危害を加えないから、この子たちもわかっているんですね。逃げません!

 ところで皆さん雷鳥の鳴き声って知ってます??今回初めて鳴き声を聞きましたが、少し鳩に似ている気もします…どうでしょうか。いや、違うか…。

Img_0285


 さあ、千丈乗越です。西鎌尾根はもうすっかりガスでヤリ様が見えませんでした…。もし、晴れていたらどれくらいまで近づいているのか。どれくらい大きく見えるのか。



 ここから約1時間半後にはこの日泊まる「槍ヶ岳山荘」に到着予定。

Img_0287




 ああ、ブログ更新の時間が…。



 この後から槍ヶ岳へは、後日更新します。




 tennis



2016年8月21日 (日)

今年のお盆休みは槍ヶ岳! その1 鏡平山荘まで。

 今年のお盆休みは山の日から。

 8月11日〜16日まで。

 

 今年はどこに行こうか…と6月頃から考えていたのですが、やはりここになってしまいました。「槍ヶ岳」です。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

↑ ポチッとお願いします。更新頑張ります!



 なんだかんだ言っても槍ヶ岳という結論になってしまったということは、「呼ばれた」と言えるのではないでしょうか。山は、自分がそのレベルになったら呼んでくれるというか、「よし、行こう!」となった時にはそのレベルになっているというか…。


 とにかく、今回は憧れの「槍ヶ岳」。もう、決めた時から楽しみで楽しみでしかたがなかったです!!




 では行程を。



 10日〜11日:

 自宅(21:00頃出発) →(車中泊)→ 新穂高温泉(7:00頃着) → わさび平小屋(9:30頃着) → 秩父沢の橋 → 鏡平山荘(14:30頃着。泊)


 12日:

 鏡平山荘 → 弓折岳分岐 → 双六小屋 → 樅沢岳 → 西鎌尾根 → 槍ヶ岳山荘 → 槍ヶ岳 → 槍ヶ岳山荘(泊)


 13日:

 槍ヶ岳山荘 → 槍平小屋 → 穂高平小屋 → 新穂高温泉 → ホテル五龍館(19:00)



 11日、お盆休み前ということもあって業務は少なめで、比較的早く帰れる状況…になるだろうと思って、帰宅後に出発の予定にしましたが、まずまず予想通りでやはり業務は少なめ。少しばかり早めに帰って出発しました。




 では写真を見ながら。

 今回は、いわゆる西鎌尾根ルート。表銀座を選びませんでした。

Img_0180

 新穂高温泉の駐車場から。この時点(出発8:00頃)でも駐車場は空いていました。情報では早々といっぱいになるって聞いていたので、意外と余裕はあったようですね…というか、これよりもだいぶ前のところに車を停めている人もいたようですが、なぜここまで上がってこなかったんだろ??



Img_0181

Img_0182

 さあ、行こう!憧れの「ヤリ様」へ!!

 超メジャーな山だけに、登山者も多め。天気も良く、今のところ安定してるし、テンションは上がりっぱなし。



Img_0186

Img_0187

Img_0189

Img_0190

 わさび平小屋ではこんな風に果物やらキュウリなんかを冷やして売ってました。なんか美味しそう!この時は食べなかったんだけど、今写真を見て食べといたらよかったかなぁと思ってしまいました。

 この、わさび平小屋に来るまで、林道メイン。たいした高低差も無く、比較的楽。途中、風穴なんかもあってそれは面白いですね。風穴ってここ大阪では聞いたことないし、天然のクーラー。驚きの冷風が汗ばんだ体を冷やしてくれます。




 

Img_0191

Img_0197

Img_0198

 秩父沢。ゴロゴロとしたガレ場。地図を見ると水場表示。えぇ?もしかしてこの沢の水を汲むの??いやー、それは個人的には嫌ですわ。「沢の水で流しそうめん食中毒事件」を思い出してしまう。近くに飲み水に使える湧いているところがあったのかもしれないけど…。



Img_0200

Img_0203

Img_0204


 さて、わさび平小屋を出てしばらくすると「小池新道」というルートを行きます。ここも特に「キツかった」という感じではありませんでした…というか、キツかった記憶がありません…が正しいかな。それなりの登山道でそれなりの登りです。


 途中、シシウドヶ原というとこがありますが、ここの写真を見れば道標の左後ろに写ってるのがわかるでしょうか?「シシウド」。白くでボワっと広がった感じの花。そういえばこのあたり、このシシウドが結構多かった気がします。だから「シシウドヶ原」なんでしょうか??



 

Img_0205

 さあ、この日宿泊する「鏡平山荘」まで約500メートル。もう一息!!



Img_0207

 と、歩いていると鏡池にいきなり到着。するといきなり雄姿が現れました!!

 「ヤリ様〜!!カッコイイ!!大キレットも見える〜!!」



Img_0208

Img_0212

 さすが鏡池だけあって水面が綺麗。鏡みたいです。写真技術がないので槍ヶ岳の「鏡」をとることができませんでした…。

Img_0213

 この日泊まる鏡平山荘。すごい賑わい。

Img_0215

 ズームで撮った槍ヶ岳のサイドには翌日泊まる「槍ヶ岳山荘」が見えますね。翌日も晴れるといいなぁ。ここまではヤリ様は姿を見せてくれているけれど、翌日も頼みます!!よろしくです…。

 ところで、鏡平山荘に着いたのが14:30頃。今までこんなに早く山小屋に着いたことがあっただろうか!イヤ、ありません!!。この時間的余裕。やはり山は朝早く、夜早く。

 ゆったり過ごさせていただきました。



 続きは後日…。



tennis

2016年7月18日 (月)

北陸の名峰、白山へ行ってきましたが…。

 北陸の名峰、白山…。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

↑ 応援お願いいたします。クリックを!



 この3連休、非常に楽しみにしていた白山へ行ってテント泊してきました…と言ってもとても中途半端。途中で登頂は断念しましたが、それはそれで楽しかったのでブログアップします。



 行程は…

 1日目:自宅 → 福井北IC → 市ノ瀬(ここまでマイカー) → ここからバスに乗って別当出合 → 砂防新道を通って… → 甚之助避難小屋 → 南竜ヶ馬場(テント泊)

 2日目:南竜ヶ馬場 → 下山(登りと同じルート) → 別当出合 → 市ノ瀬 → 時間があったので、白山白川郷ホワイトロードへドライブ。



 では、写真を。




 金曜日の夜に仕事終了後、帰宅してから急いで準備。妻のpenguinが大半してくれていたので助かりました。そして入浴後、少し眠って午前3時頃から出発。下の写真は市ノ瀬です。ここでマイカーを駐めて、バスに乗って別当出合へ行きます。

Img_0116

 その夜に天気を見る限りでは1日目(16日(土))は天気は持ちそう。そして17日もなんとか午前中は行けるかな??と自分で予測していましたが、うーん、ダメでしたね。でも、1日目は登山にはとてもいい天気でした!

 別当出合。

Img_0120



 始まりは吊り橋を渡るところから…。

Img_0122



 いきなり良い景色と青空。

Img_0123



 これはなんでしょう??滝?地滑りの後???

Img_0125



 途中、いろいろな花がみられます。

Img_0126


 この花はなんだろう?ナデシコ系???

Img_0131




 これは多分オオシラビソ。紫色の松ぼっくりが印象的。

Img_0133



 さて、甚之助避難小屋です。

 これを見てもわかるように、白山って本当に人気の山ですね。人が多いのなんのって!!

Img_0135




 雄大な風景!

Img_0137




 驚くほど爽やかな景色。左奥に見える赤い屋根が南竜山荘。その右側にテントサイト(南竜ヶ馬場野営場)があります。この日はここでテント泊!

Img_0141



 ここはアルプスか?と思わんばかりのお花畑。ニッコウキスゲの群落も鮮やかです。

Img_0144

Img_0145


 白山へのルートって非常に整備されていて、要所要所に休憩場…、それに合わせて水場とトイレがあってその設備も結構綺麗。もちろん道もきちんと整備されています。

 そしてテント場も広くて炊事場も近くにあり、非常に快適。



 とても人気があるのもよくわかります。




 翌日の天気も午前中まではなんとかなるだろうと思い、この日の写真はここまで。ふふん…と、たかをくくっていましたが天気は急速に悪化。夜には曇り空。そしてガス。早朝、というか深夜気づいたときには雨が降り出す始末。その雨が時間とともにひどくなる一方。明るくなって午前中、断続的に強雨が降ってテントもビチャビチャ、地面は水たまり、ガスで視界は悪いし、近くを流れる沢の水は濁ってくる。そして登山道も沢状態。


 この2日目は室堂平から御膳峰、剣ヶ峰と行く予定でしたがここまでで断念することにしました。



 そして帰りの下山、濡れたテントをリュックにしまうまではいいですが、水を吸って重い重い!!行きよりも確実に重い!!!リュックはもちろん、小さなバッグも雨カバーしましたが、雨のひどさに効果は半減。中身も水浸し。






 天気にはどうしようもありませんが、とっても残念。





 下山後、温泉に入って少し時間があったので、白山白川郷ホワイトロードへドライブ。



 こちらの写真も少しアップ。

Img_0154

Img_0160

Img_0161



 この道路、やたら飛ばしていく車がいたけど、こんなんゆっくり行って楽しまないともったいない!



 これはこれでドライブを楽しめたのでよかった。








 いや、本当に今回は天気にやられてしまいましたが予想以上にいい山です。


 もう一度白山へ行く気になりました。今度こそ室堂平、御前峰と剣ヶ峰も行かなくっちゃ!





 tennis

2016年6月 5日 (日)

今日はストロークの基礎練習。

 久しぶりのブログ更新…。

にほんブログ村 テニスブログ 男性テニスプレーヤーへ

にほんブログ村


男性テニスプレーヤー ブログランキングへ

↑ 応援お願いします!ぽちっ!!




 今日の天気は午前中雨で昼にはやんでいましたが、テニススクールはなぜか雨天中止。ネットで中止かどうか確認していなかったので、時間にコートに行ってみるとそのハードコートはほとんど乾いてるではありませんか。こりゃテニススクール側の判断ミスやね…なんて思っていましたが、以前からたまっている、過去に行けなかった「振替消化」をすることにして、コーチにシングルスをレッスンしてもらうことにしました。



 なんせ、スクールのレッスンは中止なので、当然他の生徒さんはいない…。つまり、コーチとマンツーマンでのシングルスレッスンなんです。うーん!贅沢!!振替消化でこんなことできるのもなかなかいいものですね。



 そのシングルスですが、ストロークの基礎練習をみっちりやっていただきました。



 その中で、あらためて私tennisのストロークでの最大の弱点…、「フォアで打つ時に軸が決まらないのでショットが安定しない。」というのを意識できたことが良かったです。






 簡単に言うと…、フォアハンドの時に体が流れながら打っているとのこと。





 これ、実は自分でもよくわかっていたんです。でも、それはいわゆる「体重移動」と解釈していたのですが、どうもはたから見るとそうではないようですね。右足軸を意識して体の回転を使って打つのか、左足を踏み込んでスクエアスタンス気味に体重を乗せて軸を作るのか…。今日のレッスンで私tennisは右足軸でいく方がしっくりくるようです。もちろん、状況により右足軸でも左足を踏み込むことを意識して体重を乗せるのも必要ですけどね。



 とにかく「生きたボール」でそれを的確に判断して打つ。これが難しい。レッスンではやっぱり球出しが多くなるので、なかなかしっくりくるまで練習しづらいですよね。でも今日はコーチとのラリーの中からそれを意識できたんです。なんせ「マンツーマン」だったので。



 まあ、マンツーマンでレッスンなんてそうそうないですが、今後の通常レッスンでもしばらくストローク練習ではこれを意識してやってみるとしよう。



 tennis




2016年5月 7日 (土)

兵庫県にある「千ヶ峰」は見晴らしよく気持ちいい山でした!

 千ヶ峰。

Img_1048_2


 兵庫県多可郡多可町と神崎郡神河町の境にあります。標高1005m。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


登山・キャンプ ブログランキングへ

 ↑ クリックいただけるとランキングアップ!更新頑張ります。





 5月4日の水曜日、予想よりも天気の流れは速く午前中には晴れ。兵庫県の千ヶ峰へ行くことにしました。



 行程は…、

 自宅 → 近畿道 → 中国道 → 社IC → 三谷コース登山口 → 三谷コース → 千ヶ峰

 帰りは来た道をそのまま下りました。




 前情報では千ヶ峰っていうと、雪彦山と同じくヤマビルが出没するという…。



 昨年、その雪彦山でヤマビルに出会ってそりゃもうパニック状態。気配なく身体中に張り付いてて、長袖長ズボンを履いていたから血を吸われることはなかったけれど、初めての体験で恐怖を味わいました。

 その時のブログはこちら



 しかしながら、今回は雨上がりにもかかわらずヒルなし!!被害なし!!




 
 では早速写真を。

Img_1014

Img_1015




 登り始めるとすぐに水の流れが…。雪彦の時もそうだったけど、この湿度感…、いかにもヒルがいそう。でも何回は遭遇なし!

Img_1016

Img_1018

Img_1019

 何より、この滝!

 非常に爽やかでいい。夏は涼しそうですね。




 一方、登山の方は結構な急登かな。常に登りっぱなしで森の中の尾根道を歩くという感じ。そしてロープ場などもあります。

Img_1021

Img_1036

Img_1037

Img_1038

Img_1046




 少しキツい登りは1時間半程度か…、それほど時間はかかりません。それを登った後は素晴らしい景色が待っています!

 頂上付近は大きな木がないから、周り一面360°パノラマビュー。ゴールデンウィークである初夏ならではの濃い緑と薄い緑の新緑とのコントラストのある山々、そして下界には町並みも。




 私たち、でたふうふtennispenguinは三谷コースを行きましたが、普通に歩いていたら道に迷うこともないでしょう。そして時間かからず登れてサッと下山できるのがいい。少し出発時間が遅れたとしてもきちんと夕方までには下山できます。

 とはいえ、山は山。あまりにお手軽なカッコで行くのはお勧めしません。何より急登があるということは急下りがあるということ。登りよりも下山の方が難しいですからね。ロープ場もあるので手袋等も用意しておいたほうがいいと思います。

Img_1047

Img_1548



 千ヶ峰…、気に入りました!!

 また来よう!!




 tennis



2016年4月24日 (日)

香芝市穴虫の「ココロの森カフェ」でお昼ごはん。

 昨日の土曜日に奈良の実家へ帰る途中、行ってみたいカフェがあったので、行ってみました。



 「ココロの森カフェ」さん


 奈良県香芝市穴虫にあります。



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


グルメ ブログランキングへ


 ↑ ポチッとお願いいたします。ランクアップにご協力をお願いいたします。!!





 このブログのお気に入りにもある、「奈良に住んでみました」にも紹介されてましたね。八尾の自宅から奈良の実家まで、普通に帰ると通り道ではないけれど、ちょっと寄り道すべきところがあり、そのついでに流れるように行きました。



 では、写真。

 駐車場の所に入り口はこちらと呼んでいます!素直に行きましょう!それにしてもいきなり緑が多いのがよくわかります。

Img_0996



 下の写真は「裏側」になるのかなぁ?上の看板とは逆の方になります。やっぱり緑。

Img_1008




 到着時間は1pmを過ぎてたので、ピークは外れているのでしょう。お客さんはそこそこでしたが、入り口表にはランチは終わった??との表示があり、しまった…と思いましたが一応中に入って店員さんに確認すると、まだランチはいけるとのこと。ヤッタ!セーフ!!早速ランチをいただくことにしました。


 そして、こちらが席から撮った写真。やっぱり緑が映える!いい雰囲気ですね。

Img_0998




 さて、そうこうしている間に「ココロランチ」がきました。この日のメニューの内容は、下の写真をご覧くださいませ。いや、どれを取っても美味しいです。ここ最近行ったカフェの中では一番好みの味付けかも。濃くもなく薄くもない。

 鳥の唐揚げは柔らかく、カボチャのカレー風味もおかわりが欲しかった。ニンジンとひじきはマリネにしているのが新感覚でした…初めてです。それに価格もそれなりでいいですね。

Img_0999


 食後(ランチドリンク)にはシソジュースと梅ジュースにしました。シソジュースには甘みを加えるためにシロップが出されましたが、特に必要ないと思いました。そんなにキツい酸味ではなく、十分そのままでも甘さを感じます。

Img_1004

Img_0997


 


 今回はランチできましたが、今度はおやつの時間に行ってみたいですね。

Img_1003

Img_1002




 美味しくいただきました。ごちそうさまでした!




tennis



2016年4月20日 (水)

明日から…restart。

 さあ、いよいよです。


 私ことtennisは、わけあってしばらく「主夫」してました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


健康と医療 ブログランキングへ

↑ ポチッとクリックお願いいたします。いろんなブログが見れます!




 前職には約3年半以上…勤めてきましたが、チョット訳ありで退職を決意。

 年も40歳を軽く超えてしまって非常に悩ましい。なんせ、再就職は一般的には若い人が強い。tennisの場合も例に漏れずそうでした。応募してもまず書類で跳ね返される。理由は「他にもっといいのがいた。」とか、「ポジションが合わない。」とか、要するに年齢。おそらく年齢。それならハナから年齢制限を書いておけ!!と言いたいけど、むやみに年齢制限はできなくなったから企業側としても仕方がないんですよね。




 まあ、そんなこんなでどれくらい応募しただろう。民間の転職紹介所とでも言えばいいでしょうか…、エージェントの名前はあえて言いませんがそこ経由で、何十社応募したかなぁ。でも新卒なんかもっとすごい数の応募してると思えばまだまだ楽なのかな。




 それでも家の近くでピタッとくるところがあって、応募したら書類、面接…とうまくいって合格!転職エージェントは長期戦になると言ってたけど、前職を退職してからなんと2ヶ月も経たないうちに決まって、エージェントも私tennisも驚きです。とは言え、再就職活動は年末からやってたので、それを考えるとやっぱり長いよねぇ…。





 ともかく、今度こそ本当に絶対に必ず最後の転職にしたい。




 大の男が昼間っから家にいる…ってのはtennisとしてはチト違う気がする。










 一日中パソコン見てtwitter(でたふうふ)してブログ書いて、掃除して、洗いモンして、時によっては妻penguinを迎えに行って、時間があればyoutube見て…の生活は今日で終わり。明日からは再度普通の社会人。この1ヶ月半くらいは家にいたので昼間っからツイートしまくってたけど、回数はググッと減るやろなぁ。





 心を整えて次のステップに進むこととしよう。




 同じようなこと、前にも書いたような…。



Img_0960





 tennis




2016年4月14日 (木)

雪彦山再チャレンジ。2回目の登山。

 先日の土曜日、山へ行ってきました。


 姫路の名峰…雪彦山。


登山・キャンプ ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 ↑ クリックお願いいたします。更新頑張ります!




 雪彦山って、実は初めてじゃないんです。2回目。

 1回目はこちらです…。




 前回は雨上がりで、下山途中からヤマビルがいーっぱい服についてて恐怖でしたが、今回はどうか…。こないだの土曜日は晴れsun

 いいですね。

 ヤマビルが出てこなければいいのですが。


 さて、写真を。


 うん!非常にいい天気!駐車場からまず1枚。

Img_0942




 桜もいい感じですね。

Img_0943




 さあ、登山口。早速の急登から始まります。

Img_0945




 途中、所々での写真です。

 あっ!  あの「ガンバレ」の木……、頑張りますよ!!

Img_0946

Img_0948

Img_0952

Img_0955




 良い眺めですね。

Img_0956

Img_0968




 今日はこの「A-8」ポイントまで。「大天井岳」だったかな。

Img_0973

Img_0980

Img_0981

Img_0982




 さらっと写真を撮り、下山。

 今回は天気もよかったので、上級コースで下りました。本人たちtennispenguinが上級ってわけでもないのに、上級者コース。鎖場があります。ドキドキ。

Img_0984



 いや、本当に難しい。そもそも雪彦山は難易度が高いですね。帰り道の鎖場なんて滑りやすいし足の置きを悩むほど難しい。こりゃヘタすると滑落の危険も大。やっぱりそれなりの熟練者が上級者コースは行くべきかなぁ。

Img_0987



 この断崖絶壁感。



 とはいえ、なんだかんだ言って楽しい雪彦山。


 そういう難しいところを一つずつクリアしていくのがいい。鎖場も今後のアルプス登山を考えるといい練習。(いや、去年行った五竜岳より難しいかも。)




 今回は少し季節が早かったのか、晴れていたのが良かったのか、ヤマビルにも遭遇しませんでした。やった!!








 また雪彦山へ行きたいですね。難しいのでいい練習にもなるし!!




 tennis